記事一覧

更新日

公開日

チャットボットの導入費用はどのくらい?選定の軸とサービスも紹介します

近年、チャットボットの技術革新が注目され、多くの企業がその導入を検討しています。業務の効率化や顧客サービスの質向上を図るツールとしてのポテンシャルは高いものの、導入時の費用や選択基準、さらにはどのサービスが適切かは、多くの企業にとって課題となっています。

この記事では、そんな疑問や悩みを解消すべく、チャットボットの導入に関する情報をご紹介します。

チャットボット導入の価格相場

初期契約費用

チャットボット導入における初期契約費用は選定するサービスやプロバイダーの違いにより、一定ではありません。まず基本的なパッケージとして提供されるボットは、初期費用として数万円程度から始まる場合が多いです。

しかし、この費用は機能や使用目的によって大きく変動します。例えば、簡単なFAQ応答や基本的な業務自動化を目的としたボットであれば、初期費用は抑えられる傾向があります。

一方、特定の業界向けや多言語対応、高度なAIを活用したものなどはカスタマイズが必要となりますので、数十万円から数百万円というケースも考えられます。

運用費用

チャットボットの運用費用は、月額または年間の料金として計上されることが一般的です。この費用は、使用する機能の多さや対応する問い合わせの量によって変動します。

例として基本的なプランでは月数千円から数万円程度となることが多いです。しかし、ビジネスが成長するとともに、チャットボットの利用頻度や必要な機能も増えてきます。

その結果、運用費用も増加することが考えられます。またサービスのアップデートや新機能の追加など、進化し続けるチャットボットのニーズに応じて、追加料金が発生する場合もあります。

チャットボットの導入メリットを知りたい場合は以下の記事がおすすめです。

社内向けチャットボットとは?導入のメリットや用途も紹介します

チャットボットを選ぶ際の軸

チャットボットの導入は、企業の業務効率化や顧客サービスの向上を目的としています。そのため、適切なボットを選定することは非常に重要です。では、どのような軸でボットを選定すればよいのでしょうか。ここでは、その選定の際に注目すべきポイントを3つご紹介します。

専門知識の必要性

導入するチャットボットによっては、特定の専門知識や技術的背景が求められる場合があります。

例として、製薬会社が新薬の専門的な質問に対応するためのボットを導入する場合、医薬品に関する深い知識を持ったボットが必要です。このような場合、専門家と連携しながらのカスタマイズが必要となるでしょう。

また、IT系のベンチャー企業が製品サポートのためのボット導入を考える場合、多くの場面でプログラミングの知識が求められるかもしれません。

しかし、一般的な小売業などでよくある「営業時間は?」や「返品ポリシーは?」といった基本的な質問を処理するだけであれば、専門知識は必要とされません。

このように、目的やニーズに応じて、どの程度の専門知識や技術的背景が必要かを検討することが重要です。先ほどありました通り、専門知識が必要になるものほどコストは大きくなります。

AIによる機械学習の有無

現代のチャットボットの中には、ユーザーとの対話を通じて学習するAI技術を採用しているものも多くあります。このAI技術を活用することで、ボットはより人間らしい対話や適切な応答を行うことができるようになります。

例えば、ある旅行代理店が旅行に関する質問に自動的に応答するボットを導入したとします。初めは「海外旅行のおすすめは?」といった基本的な質問に答える程度でしたが、AIの機械学習機能を持つボットは時間とともに「子連れで楽しめるビーチはどこですか?」や「グルメな観光地を教えて!」といった具体的な質問にも対応できるようになるでしょう。

しかし、ある書店が「この本は在庫ありますか?」という固定的な情報を提供するためのボットを導入する場合、必ずしも機械学習の能力は求められません。目的や業務内容に応じて、必要な機能を選択することが大切です。

カスタマイズ性

チャットボットは多岐にわたる業界や業務での導入が進められています。そのため、一つのテンプレートだけでは対応が難しいケースも少なくありません。

カスタマイズ性を持ったボットは、それぞれの業務やニーズに応じて機能や対応を調整することができます。例として、アパレルショップがチャットボットを導入する場合、季節やトレンドに応じて推薦する商品を変えたいと思うでしょう。このような要望に応じるためには、容易に内容をカスタマイズできるボットが最適です。

また、金融機関が金融商品の相談をするためのボットを導入する場合、顧客の情報やリスク許容度に応じて提案内容を変更するカスタマイズ性が求められるでしょう。業種や業務内容に合わせてボットの内容や機能を柔軟に変更できることは、導入の成功を左右する大きな要素となります。

チャットボットサービス3選

Automagica

Automagicaは、Chat-GPTを使用したバーチャルアシスタントサービスです。このサービスの最大の特徴は、ユーザーが好きなキャラクターやAItuberをバーチャルアシスタントとして設定できる点です。

ユーザーはキャラクターの見た目、ボイス、性格、口調などを自由にカスタマイズすることができます。このカスタマイズ機能により、ユーザーは自分だけのオリジナルのバーチャルアシスタントを持つことができ、より自然な会話を楽しむことができます。

また、音声やチャットのどちらでも会話が可能で、キャラクターは会話内容や感情に応じて動き、リアルタイムで反応します。24時間365日、ユーザーをサポートするこのサービスは基本無料なため、日常生活の中でのコミュニケーションツールとして、また業務の効率化ツールとして注目を集めています。

sAI Chat

sAI Chatは、株式会社サイシードが提供するチャットボットサービスです。特徴としては、高い回答精度を誇り、多くの企業や組織が顧客サポートやFAQの自動応答のために導入しています。

ファッションECサイトのマガシーク社のカスタマーサポートでも活用されているとの情報があり、その実用性が確認できます。sAI Chatの魅力は「回答精度95%」での運用開始が可能な点です。さらに、導入後のサポートも充実しています。

主な特徴として多言語対応、カスタマイズ性、高い応答精度が挙げられます。使用例としては、カスタマーサポート、FAQの自動応答、マーケティング活動などが考えられます。

Zeals

Zealsは、チャットボット技術を中心とした企業で、テクノロジーを駆使して人と人の会話を再現することに注力しています。彼らのチャットボットは、暖かみのあるパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供するように設計されています。

消費者の行動が変わる現代において、Zealsはコミュニケーションロボットの重要性を強調しています。企業やサービスは相談、予約、購入、購入後のサポートを簡単かつ柔軟に提供する必要があります。

Zealsのチャットボットを活用することで、以前は人間だけが可能だった暖かい接客体験を提供することができます。また、Zealsは「Chat Commerce」というサービスも提供しており、AIチャットボット技術とコミュニケーションデザインを組み合わせて、新しいおよび強化された顧客・購入体験を提供しています。

導入費用はサービスとカスタマイズ性に左右される

この記事では、チャットボットの導入に際してのコストと選定のポイント、さらには具体的なサービスの紹介を行いました。費用はサービスやカスタマイズの度合いにより大きく変動するため、事前のリサーチが不可欠です。また、チャットボットはさまざまなサービスが提供されているため、企業のニーズに合わせて選択することも重要です。

「Automagica」無料ダウンロード

AI秘書サービス「Automagica」の
ダウンロードはこちら

App Store
AIキャラクター画像

気軽に話しかけて
くださいね!

筆者プロフィール画像

Automagica編集部

バーチャルアシスタント(AI秘書)サービス「Automagica(オートマジカ)」を中心に、AIキャラクターの開発をしております。

関連記事

カテゴリ・タグ一覧