記事一覧

更新日

公開日

ChatGPTは業務に活用できます!活用事例とコツも紹介

「ChatGPTを仕事に使えば、良い影響があるかもしれない」と考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、実際にChatGPTを活用しようにも、何に使えるのかを知らないままでは、使い道に困ってしまうだけでしょう。そこで今回はChat GPTを業務に用いる際の活用事例を紹介します。また、ChatGPTの活用のコツについても触れています。これからChatGPTを導入しようと検討している方はぜひ本稿を一読してください。

ChatGPTは活用できる?

ChatGPTとはOpen AI社が開発・発表した生成AIのことです。自然言語処理モデルを使うことによって、人と話すかのように応答してくれます。質問内容に応じて、アイデアの提案や問題の解決方法の提示など、さまざまな事柄を可能としてくれます。業務やプライベートを問わず広く活用できるツールといえるでしょう。

例えば、ChatGPTを業務やプライベートに利用すれば情報検索がはかどります。情報が複雑な内容だったり文字数が多い場合には、重要部分を抜き出し情報を簡単にまとめることも可能です。抜き出した情報を要約文として作成することもできます。もちろんこれらはChatGPTの使い方の一部の例でしかありません。ChatGPTの活用方法は利用者の想像力次第でいくらでも広げることが可能です。

ChatGPTの活用事例

実際にChat GPTの活用事例を見ていきましょう。以下で紹介するのは、Chat GPTの代表的な活用事例です。

コード生成

プログラミング言語を指定して簡単な指示を与えれば、ChatGPTは高い精度でプログラムコードを生成可能です。どのように動作させたいか具体的に例示すれば、より生成されるコードの精度が向上します。また、コードにエラーがある場合は、ChatGPTに修正を指示するだけで、エラーを起こしている部分の特定が可能です。迅速にプログラムの修正ができるでしょう。ChatGPTにプログラムの現場をサポートさせれば、開発プロセス全体の効率化が期待できます。

データ分析

ChatGPTの自然言語処理能力は一般的な言語以外であっても内容が理解できます。例えば、データです。数字の羅列となりやすいデータは、人が一瞬で理解して分析するのは難しいものの1つです。しかし、ChatGPTなら簡単にデータの内容を把握して分析ができます。また、データから重要なポイントを抽出し、簡潔な要約を生成することで、データの特徴や傾向を把握することも可能です。抽出した情報を元にグラフやチャートを生成したり、予測モデルを構築するといったこともできます。

文章の添削・校正まとめ

ビジネスにおいてメール・レポート・資料などの文書作成は欠かせない仕事です。ChatGPTを活用すれば、文章の添削・校正・まとめといった作業が簡単になります。

添削方法は、ChatGPTに作成した文章を入力して、その修正を求めるプロンプト(指示・命令)を入力するだけです。これだけで正確な表現や適切な文法に修正してくれます。適切な表現や文体の提案も行ってくれるので、文章をブラッシュアップさせたいときにも便利です。また、ChatGPTは長文の要約にも使えます。レポートやプレゼンテーション資料など長文で読みづらい文章があるとき、ChatGPTに入力し、文章を要約するように指示すれば、簡潔な要約文を作成してくれます。すばやく情報の把握ができるようになるでしょう。

チャットボット

チャットボットとは、入力情報に対して自動的に返答するプログラムのことです。リアルタイムコミュニケーションツールである「chat(チャット)」と、自動化を目的としたアプリケーション「bot(ボット)」を合わせて作られた言葉です。したがって、一般的にはテキストや音声を使った対話型の自動応答ツールを指して「チャットボット」と呼んでいます。

チャットボットはChatGPTを合わせて使うことで、まるで人と会話しているかのように対話が可能になります。ChatGPTが用いられる前にも、チャットボット自体は存在していました。しかし、その多くはあらかじめ登録した会話パターンに従って答えまで導く「シナリオ型」。そのため、想定していない質問に対しては答えに至らないケースが少なくありませんでした。ChatGPTを搭載したチャットなら、質問や相談のほか、アイデアやアドバイスを求めたり、雑談するといったことも可能です。

英会話練習相手

ChatGPTは言語の翻訳能力に優れています。この能力をいかせば英会話の練習相手としてChatGPTが使えます。

例えば、旅行に関する会話や日常生活でよく使われるフレーズなど、ChatGPTに特定のトピックを提示してもらえば、そのトピックに関する英会話の練習が可能です。もちろん特定のトピックによらずChatGPTと英語で対話するだけでも、自然な英会話の流れを体験できます。会話する際に、自分の英語表現が正しいかどうかをChatGPTにチェックさせることもできます。ただし、2024年時点ではGPT-3.5には音声入力や音声発話のシステムが搭載されていません。ChatGPTを英会話の練習相手として使う場合は、有料版のGPT-4を利用するか、音声入出力のシステムを組み込む必要があります。

ライティングや画像作成

ChatGPTは生成AIです。その能力を使えば記事のライティングが可能です。近年ではChatGPTを使ったオウンドメディアも登場しています。例えば、文章の使用目的・要点・重要項目などを入力して文章作成を求めれば、自動的に目的に沿った文章を作成してくれます。プロンプトを工夫すればさまざまなタイプのライティングが可能となります。また、GPT-4を利用したり、「Argil AI」のようなプラグインを用いれば、文章だけでなく画像作成もできます。画像から意味を読み取って文章を作成したり、逆に文章に沿った画像を生成するといったことも可能です。

ChatGPTを活用するときのコツ

ChatGPTをうまく活用するには、いくつかのコツがあります。ここではぜひ知ってもらいたいコツを3点紹介します。

プロンプトはできるだけ丁寧に詳細に

ChatGPTとの対話の品質を向上させ目的とする結果を得るには、丁寧で詳細なプロンプトの使用が欠かせません。プロンプトの作成にあたっては、以下のポイントに留意することが重要です。トピックは具体的なものに絞り込みましょう。対話の焦点を明確にするだけで、ChatGPTの応答の品質が向上します。提供する情報はなるべく詳細にしてください。なお、ChatGPTはあくまでAIです。プロンプトが丁寧かつ適切であっても完璧な理解や回答がすぐに得られるとは限りません。時には何度も質問を繰り返したり、説明を詳しく求めたりする必要があります。

目的を明確に

目的を明確にすることはChatGPTを活用する上で極めて重要です。利用の目的をプロンプトではっきり伝えるようにしてください。目的がはっきりとしていれば、何をするべきなのかChatGPTが明確に判断できるようになります。これにより、無駄な情報や余計なやり取りを減らせるようになるでしょう。さらに、目的の具体的な背景情報を提示すれば、より適切な応答が得られるようになります。また、ChatGPTとのコミュニケーションでも丁寧な言葉遣いは大切です。目的を伝える際には、丁寧で明確な言葉を使用するようにしてください。より明確な応答が返ってくるでしょう。

とりあえず使ってみる心意気

ChatGPTは使い方によってさまざまな可能性を引き出せるツールです。そのため、まずは使ってみる心意気が大切です。使うことで、ChatGPTの利用方法や特性を理解できるようになります。より上手なプロンプトの作り方も身に付くことでしょう。ChatGPTは対話型のツールなので、初めて利用するときには、気恥ずかしさを感じるかもしれません。しかし、積極的に取り組んで使用に慣れるようにしてください。慣れるまでには、失敗や誤解から適切な応答が得られないこともあるかもしれません。失敗も学びの機会と受け止める気持ちを持つようにしましょう。

ChatGPTは業務にもプライベートにも活用できる!積極的に利用する姿勢が大切

生成AIであるChatGPTは、業務にもプライベートにも便利なツールとなり得ます。文章・プログラム・画像といったものの作成から、英会話の練習相手まで、その活用方法は千差万別です。ChatGPTを使いこなせれば、新しいアイデアや視点も得やすくなるでしょう。ChatGPTは使い手の想像力次第で、さまざまなことを可能にしてくれます。挑戦的な姿勢で積極的に活用するようにしましょう。

無料でAI秘書と話してみよう!

弊社のAI開発サービスや
弊社に関する情報はこちら

AIキャラクター画像

最新の生成AI活用事例を
学習しました♡

筆者プロフィール画像

Automagica編集部

バーチャルアシスタント(AI秘書)サービス「Automagica(オートマジカ)」を中心に、AIキャラクターの開発をしております。

関連記事

カテゴリ・タグ一覧